株式会社コサイン

ホーム │ サイトマップ
  1. ホーム
  2. 木について

木について

木について 木の種類はたくさんあります。硬い木、柔らかい木、色の濃い・薄い木、カラフルな木など、それぞれが個性豊かな特徴を持っています。
また同じ種類の木でも、部位や成長した場所によっても、異なる特徴を持ち、その表情もさまざまです。
人はその用途によって最適な木材を選びます。
道具になる木、家具になる木、家になる木、床になる木、楽器になる木、船になる木。
ここでは、コサインの「木について」ご紹介します。

コサインが使っている「木」

メープル
メープル材は明るい乳白色をした、つやと透明感のある材です。経年変化で飴色になるというのも大きな特徴です。
シンプルなデザインによく合い、さわやかな印象で室内を明るく感じさせます。
ウォルナット
ウォルナット材は深みのあるこげ茶の材で、北米産の広葉樹です。
生地は紫がかった灰色で、磨くと深みのある濃い茶色になり、美しい光沢を出します。
サクラ
サクラ材は赤味を帯びているものをはじめ、緑っぽいものや、黄色身を帯びたものなど様々な表情を持っている材です。
木目が緻密なため反ったり折れたりしにくく、落ち着いた光沢があります。
ナラ
ナラ材はベージュ色の野性味のある材です。
力強い質感で、木目の出方によって表情が変わるおもしろさがあります。

木目について

同じ商品は形は同じですが、見た目が同じものはひとつとしてありません。 それは、長い年月をかけて自然がつくりだした木目や木色が無限の形や色だから。

たとえば、メープル材は共通的な特徴はありながらも、木目は、濃い、薄い、まっすぐ、山型や波型、杢の有り無しなどがあり、 木色は、白っぽい、黄色っぽい、肌色っぽい、桃色っぽいなどがあります。

自然のデザインは、すべてがスペシャルなデザインです。 コサインでは、すべての材料に感謝し、使い切る工夫をして、ものづくりをしています。
木目について

特徴的な木目の表情

杢:木目の模様で、特に装飾性の高いものを杢(モク)といいます。
バーズアイ
バーズアイ(鳥眼杢)
ハードメープル類にだけ現れる杢です。玉粒が多く、均等に入っているものは希少価値が高く大変高価で、高級家具材や楽器材として重宝されています。ギリシャ神話の中では、「幸せを呼ぶ木」として登場します。
バーズアイ
チヂミ(縮杢)
木目が波状に縮んでシワが寄った様に見える杢です。弦楽器の甲板として重用されたことからバイオリン杢と呼ぶこともあります。画像はウォルナット材の縮杢ですが、いろいろな木に現れる杢の代表的存在です。
バーズアイ
トラフ(虎斑杢)
虎の毛の縞模様のように見える杢です。土壌のミネラル分を吸収した跡がスジ状の木目になります。色の濃さや斑の角度によって評価され、同材の他組織に比べ光沢があり、「シルバーグレイン(銀杢)」とも呼ばれます。

節などの特徴的な表情

節とは、何十、何百年、森で枝葉を伸ばし、生きていた証拠。「節も木が持つ表情のひとつ」コサインでは、このように考えています。

適正な方法で木取り、必要があれば適切な処理を施し、適材適所に組み立てます。節による、強度不足や歪みの心配はありません。木目や節を個性として愛着を感じていただき、いつまでも愛用していただければわたしたちは幸せです。

特徴的な節などの表情

バーズアイ
節(ふし)
節は枝が幹の中に巻き込まれた部分です。節は枝があった跡で、枝には葉がついていて、その葉によって光合成が行われ木は成長します。木が生きていくための光合成に重要な痕跡である節は、木にとってなくてはならないものです。
木材は等級分けされ、小さな節があるものは、「小節」という呼び方もあります。節が全くないものは、無節(むじ)と呼びます。
バーズアイ
入り皮(いりかわ)
樹皮が成長過程で木材内に入り込んで残ってしまったものです。「バークポケット」とも呼ばれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
Instagram
 

メディア掲載情報

『Interior Shop File Vol.13』にてコサイン旭川本店とコサイン青山が紹介されました。

掲載情報

2017/03/10
[掲載内容]コサイン旭川本店とコサイン青山が紹介されました。

『HO 2017.4月号』にてコサインが紹介されました。

2017/02/25
コサインのものづくりやエントランススツールが紹介されました。

『&home vol.52』にてコサインのフロアスタンド(丸)が紹介されました。

2017/01/15
『&home vol.52』にてコサインのフロアスタンド(丸)が紹介されました。

↑ PAGE TOP