株式会社コサイン

ホーム │ サイトマップ
  1. ホーム
  2. ゆう美堂 柳原さんの キレイな毎日。
  3. お片づけのポイント(捨てること)

ゆう美堂 柳原さんの キレイな毎日。  [お片づけのポイント(捨てること)]

喜びのタネまき その17 お片づけのポイント(捨てること)

夏祭りのシーズンがやってきました。あちこちで、イベントが行われており、何かと気忙しい毎日を送っております。
今年は、浴衣を新調して、盆踊りにも参加してみようか…なんて思ったりして!
では、今まで来ていた浴衣はどうするの? という事で、本日は捨てることについてお話をしてみたいと思います。

物を捨てるタイミング

* 新しいものを買った時が、捨てるタイミング。収納するときに、周辺の整理をしましょう。
不要なものはないかな…と、ちょっと気にしてみてくださいそんな時には、なんとなく、自分の心もワクワクしていて、前向きなので不要なものを捨てやすい心理状態になっています。

例えば、下着や靴下など何枚か必要なものは、数を決めてそれ以上にならないように注意します。汚れたり、薄くなってしまったものは、新しいものを買ったときに処分してしまいましょう。
決めたスペースに入りきらない程、物を増やさないことです。
1枚買ったら、1枚捨てる。そんな自分ルールを作っても良いかもしれません。

* 物を捨てられない理由

捨てられない理由の1番は

いつか使うかもしれない…

です。


いつか必ず使うものだけとっておけば良いのです。
必ずと、思わなければ捨ててしまいましょう。

捨てるときに迷ったら…

この場所を整理しようと思ったら、まず、全ての物を、残すものと、捨てる物に分けていきますね。
でも、必ず迷ってしまうものが出てきます。
残しておこうか…いや思い切って捨てなければ…でも…これは、あの時の思い出だし…
悩みだしたら、決断がつかずに、時間ばかりが過ぎていきます。
作業も進まず、疲れてへとへとになってしまって、整理するのをあきらめた、なんてこともありますよね。
 迷ったときには、それを横によけて、残りの簡単に分けられるものを全部分けてしまいましょう。全て分別してから、最後にじっくり、迷ったものを捨てるか否か判断すればよいのです。
最初は、迷ったものでも、最後に分別してみるとすっと分けられることが多いんですよ!

今回は捨てることについてお話しさせていただきました。
皆さんも、お家のどこか1か所ずつでも、物の整理を始めてみませんか?
スッキリすると、不思議と気持ちも前向きになりますよ。

 
さあ、それでは、最後に、ダスキンの創業者 鈴木清一のことばをご紹介させて下さい。

「損をする覚悟」

「損と得とあらば、ボクはトクの道をとるよ。どうして損するの?」
と聞かれた。
誰もが、損をしたくない。そこで、損をしないための、争いがおこります。
「自ら正しい道を歩みながら、なお損をしてもよいと覚悟すれば、
人と人との争いはなくなるのではないでしょうか?」と答えた。

 
あぃむ、そぅりい新聞 第84号 (1964年) 鈴木 清一
 
 
ダスキンフランチャイズ加盟店 ダスキン近文
株式会社ゆう美堂 柳原 美由紀
 
 
 
 
 
 
 
Instagram
 

メディア掲載情報

『家庭画報2017年10月号』 にて新製品『coitti デスク』『coitti チェア』が紹介されました

掲載情報

2017/09/01
[掲載内容]新製品『coitti デスク』『coitti チェア』が紹介されました。

『トク旅北海道』2017にコサイン旭川本店情報が掲載されました

2017/06/01
[掲載内容]コサイン旭川本店の情報を掲載して頂いています。

『CONFORT No.156』にてコサインの子ども家具が紹介されました。。

2017/03/10
ハンガー(子ども用)、子どもラック、お絵描きシェルフを紹介して頂いています。

 

↑ PAGE TOP