株式会社コサイン

ホーム │ サイトマップ
  1. ホーム
  2. 長原 實の「みのる塾」
  3. 第5話

長原 實の「みのる塾」  [第5話]

彼らが説明するには、一つは、「CONDE」という言葉は世界の言語にない言葉、全くの造語だというんです。 ただ「CONDE」をドイツ語風にしたら、この[O]にウムラウトがつく発音なんです。
オーとアーの中間の発音だというんですね。普通に読めば「コンデ」です。我々は「カンディ」の方が発音しやすいから、そうしましたが、アメリカでは「コンディ」という言い方になるんです。
これは全くの造語だから、世界中どこででも変なイメージで使われることはないから大丈夫だと言うんです。

そして 「HOUSE」ですが、これは世界用語です。どこででも通じる言葉です。
似たような「HOME」という言葉もあるが、「CONDE HOME」というのはゴロが良くないのと、「HOME」と「HOUSE」、和訳すれば意味がちょっと違いますね。
「HOME」はどちらかというと、温かいイメージだけど、少し貧しさを伴うと言うんです。極端に言うと、ちょっと貧しい人の温かい家族というイメージがある。
「HOUSE」は、その点豊かで、格調があっていい名前だ、というんです。「ホワイトハウスがあるだろう」って、ハハハ。
それから、この赤い色は、日本の伝統色、紅緋という色があるんですが、染物なんかによく使っていますね。分かりやすく言えば、神社の巫女さんが着る衣装の色です。
日本の文化もこの中に織り込んである、と言うんです。
ということで、この「CONDE HOUSE」というロゴが提案されてきました。説明を聞いてみると、悪くない、世界で使えるな、ということで決めたわけです。実は、あの当時で、3万ドル…、まっ3人がかりで半年かけてやった仕事だから、ハハハ、しょうがないだろうと了承しました。
これが現在使っている「CONDE HOUSE」です。幸いに、この名前で国内の家具のマーケットではある程度のブランドが確保されました。これを作ったのが1983年ですから、今から28年前ということになりますね。

そういうわけで、国内では、「HOCK」を使って、海外では「CONDE HOUSE」を使おうと思ったわけです。
しかし、それから間もなく、国内の状況もどんどん変わって来たんですよ。どう変わったかというと、百貨店でも、家具の販売店でも、家具屋さんでも、売り上げがどっと落ちて来て、百貨店では家具売り場がどんどん縮小され始めたんです。
このままではやっぱりまずいなということから、私は次のビジネスを考えなければいけない、ということに思い至りました。それで「CONDE HOUSE」の名前を日本でも使おう、業態開発をやろうと考えました。「CONDE HOUSE」というのはどういう会社なんだ、ということについて新しいビジネスを考えなくてはいけない、ということから、皆さんに差し上げている「カンディハウス教書」というのを作りました。
なんか宗教みたいな書き方ですが、一応こういうことを考えたんです。ここに書いてあることは、要するに流通の多様化なんですよ。ざっとこの中に入っていきます。
 
長原 實「みのる塾」6話へ続く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Instagram
 

メディア掲載情報

『CONFORT No.156』にてコサインの子ども家具が紹介されました。

掲載情報

2017/03/10
[掲載内容]ハンガー(子ども用)、子どもラック、お絵描きシェルフを紹介して頂いています。

『Interior Shop File Vol.13』にてコサイン旭川本店とコサイン青山が紹介されました。

2017/03/10
コサイン旭川本店とコサイン青山の詳しい情報が掲載されています。

『HO 2017.4月号』にてコサインが紹介されました。

2017/02/25
コサインのものづくりやエントランススツールが紹介されました。

 

↑ PAGE TOP